今話題の「呼んで 簡単 部屋探し」詳しくはこちら

高級賃貸マンションってどんなもの?

高級賃貸マンションってどんなもの?

2021.4.15

「高級賃貸マンション」と聞くと、どのようなものを思い浮かべますか?
広いエントランスや豪華なロビー、フロントではコンシェルジュのサービスがあり、広い居住空間と充実した設備の数々…
今の生活から一歩踏み出して、ハイグレードな生活を手に入れたいと思っている方もおられるかもしれません。
ただ、高級賃貸マンションといっても、詳しい定義がどのようなものなのか、わかっておられない方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは正しい知識をベースにお部屋探しができるよう、高級賃貸マンションとはどのようなものを指すのか、解説して参りましょう。

高級賃貸マンションとは

高級マンションとは?

実は高級賃貸マンションというものに、法的な根拠や定義は存在しません。
立地が良い、コンシェルジュが居る、設備が充実しているというのは、間違いではありません。
しかし、それを持ってして高級マンションであるというのが最適解でもない、ということになります。
竣工した時のトレンドなどもあって、サービスや設備などに関しては一概にはいえませんが、オートロックやコンシェルジェの存在は、もはや基本といっても良いでしょう。

高級賃貸マンションの多いエリアは?

一般的に認知されている麻布や青山など、一等地に建っていることも高級賃貸マンションの条件の1つといえるでしょう。
東京で例をあげると、自由が丘や等々力(とどろき)、松濤(しょうとう)、広尾のような高級住宅街や、古くからのお屋敷町に位置しているものもそうなります。
不動産情報サイトなどで紹介されている高級賃貸マンションの人気エリアは、

  • ■六本木・赤坂エリア
  • ■麻布・広尾エリア
  • ■表参道・青山・原宿エリア
  • ■白金(しろかね)・高輪(たかなわ)エリア
  • ■番町(ばんちょう)・麹町(こうじまち)・九段エリア
  • ■松濤・代々木上原エリア
  • ■四谷(よつや)・市谷(いちがや)・神楽坂(かぐらざか)エリア
  • ■御茶ノ水・神田エリア
  • ■小石川・本郷エリア
  • ■学芸大・碑文谷(ひもんや)エリア
  • ■自由が丘・駒沢・田園調布エリア
  • ■目黒・池田山・五反田エリア
  • ■池尻・三軒茶屋エリア
  • ■芝浦・田町・三田エリア

など、多くが紹介されています。

高級エリアはどこ?

他にも住みたい街上位ランカーの恵比寿や吉祥寺、中目黒などもその人気から、専有面積の広さや余コンシェルジュの存在など、条件に合えば、高級賃貸マンションであるということになるのでしょう。
ただ、立地のエリアに関して言うと、古くからの高級住宅街やお屋敷町などは、基本的に商業地域ではありません。
タワーマンションイコールステイタスのようにもてはやされてはいますが、高級賃貸マンションという括りの中では、必ずしもそうではありません。

六本木や赤坂には住居棟も備えた「六本木ヒルズ」や「東京ミッドタウン」のようなタワーマンション型の物件もありますが、その他は閑静な住宅街の中に広い敷地を持ち、比較的低層で建てられたものも多くあります。

高級賃貸マンションに多い設備は?

高級賃貸マンションの場合、不動産会社が最初から賃貸目的で建てたものと、高級賃貸マンションを購入したオーナーが、それを貸し出すという形態があります。
通常の賃貸マンションの場合、もちろん建築基準法で定められた要件を満たしてはいますが、よほどオーナーがこだわって建てない限り、壁の厚さや設備などはそれ相応ということになります。

一方、基本からハイグレードなものを目指して建てられた高級賃貸マンションの場合、壁の厚さや防音の状態など、表面的には見えない部分でもよりしっかりしたものになっているのです。
オートロックに加えて、コンシェルジュが常駐するセキュリティ体制や、居住者だけが利用できるスポーツジム、バンケットルームの設置などもよくみられます。
また、エアコンなどの初期から備えられている機器が故障した際の、修理をフォローするサービスや、クリーニングのサービスなど、ホテルライクな生活を楽しむための設備は年々充実していく感があります。

室内の設備に関してはトレンドもありますが、専有面積が100㎡以上、カウンター式のシステムキッチンに最新の食器洗い乾燥機、床暖房に二重サッシ、有名メーカーの洗濯機や乾燥機がビルトインされているなどは、もはや当たり前で、Wi-Fiを自由に使える環境であったり、ホームシアターが付いていることも。
窓から見える風景にも配慮されているので、一日中家に居てもストレス無く過ごせることでしょう。そして家賃ですが、高級物件ですから手軽に借りられる物件でも1ヶ月30万円以上、ある程度の余裕を求めるなら、100万円を超える金額になります。

高級賃貸マンションに住む人は、優れた環境を求めていると考えられます。
ですので、いくら遮音性に優れているとはいえ、むやみに騒がしくしたりして、住環境を乱すことがないような配慮も必要になります。
生活全てがステイタスとなることもありますので、物件選びには実際に足を運び、隅々までよく確認してから判断することをおすすめします。

コラム一覧へ